どの段階にあるかを確認しよう

ニキビに関する何らかの悩みを抱えているのであれば、お手入れ方法を見直してみると良いかもしれません。自分ではきちんとケアをしているつもりでも、方法が間違っている可能性があるからです。

ニキビにはいくつかの段階があり、白ニキビと膿を持つまでに状態が悪化してしまった黄ニキビとでは対処法が全く違います。段階に応じたケアができるようまずは鏡を見てニキビの状態をチェックしてみましょう。

悪化させないことが重要

ニキビのケアで大切なのは初期段階の内に対処すること。コメドの詰まりはあっても炎症が起こるまでには至っていない白ニキビや黒ニキビは治りが早い上に、さらに悪化しない限りは跡が残る心配もほとんどありません。ニキビができているのを発見したら放置せず、早め早めの対処を心がけてください。

初期段階のニキビに対するケアは至ってシンプル。丁寧な洗顔と保湿ケアを徹底するだけで白ニキビや黒ニキビを改善することができます。洗顔料は十分に泡立てた上で馴染ませるようにして汚れを落とし、セラミド等の保湿成分が配合された化粧水で肌をしっかりと潤しましょう。

極力刺激を避けるようにしよう

初期段階を過ぎてしまったニキビは赤ニキビや黄ニキビと呼ばれます。毛穴が炎症を起こしているこの段階は、とにかく肌への負担を軽くすることが大切です。ニキビが目立つからといってファンデーションやコンシーラーを厚塗りするのはおすすめできません。洗浄力の強い洗顔料やピーリング成分を含む化粧品などの使用も控え、肌への刺激を防ぎましょう。低刺激なスキンケアを続けていてもなかなか改善しないという場合には、病院を受診するのもおすすめです。

適切な方法を選択し、ニキビの悩みを解消しましょう。

品川美容外科の裁判について詳しく