シミができるメカニズムについて

30代、40代を重ねるに連れて、少しずつ増えてくる顔のシミ。本当に悩ましいですよね。

「加齢が原因だからしょうがない」とあきらめている方もいらっしゃるかもしれませんが、そう思うのはまだ早いです。

シミの原因を突き止めることで、悩みを解消する道が見えてくるかもしれません。

シミはそもそも、皮膚内にあるメラニンが、色素沈着を起こして出来たものです。紫外線が大きな原因となっており、紫外線を浴びすぎてしまうと、どうしてもメラニンが蓄積しやすくなります。

お肌のターンオーバーがスムーズに行われれば、メラニンは新陳代謝によって排出されていきます。しかし、加齢と共に肌のターンオーバーがスムーズに行われなくなると、メラニンが肌内部に留まり、やがてシミになってしまいます。

シミの予備軍を、出来るだけ減らすことが大切!

はっきりと浮き上がってしまったシミは、自力で消すのは難しいを言われています。どうしても消したいのであれば、美容整形外科などで外科的な治療が必要となるでしょう。

しかし、シミになるかどうかのシミ予備軍であれば、自力で押さえることも可能です。

まずは紫外線対策をしっかり行い、メラニンの過剰な生成を予防していきます。その上で美白と保湿のダブルケアをきちんと行うことで、余計なシミを増やさないようにすることが可能です。

お肌は乾燥すると、外的な刺激によってダメージを受けやすくなります。このため徹底した保湿ケアも必要です。

また日頃から適度な運動を行うことで、体全体の新陳代謝も活発になり、ターンオーバーの状態も良くなります。

このため日頃から美白と保湿をしっかり行い、日常生活に運動を取り入れていくように努めたいですね。

品川美容外科の告訴について調べる